相性の合う歯医者の見抜き方を調べる為のお助けサイト

>

経営難の歯科医院が最初にする事

自覚症状がなく発見に時間がかかる

炎症が歯茎のみで歯の破壊が起こっていなければ歯肉炎ですが、歯の破壊が有る場合は歯周炎です。
一度破壊された骨は元に戻る事はありません。
実は歯周病の真の原因とメカニズムは解明されていないのです。
歯周病の原因の一つは免疫力の低下が有ります。
特に糖尿病は免疫力の低下が見られ歯周病と関連性が強いです。
歯周病を口の中の病気と捉えず全身的な病気の症状と捉えた方が良いのです。
食生活の乱れや喫煙など悪習慣を見直すタイミングなのです。
また歯磨きも注意が必要です。
歯磨き粉やマウスウォッシュは使う必要はありません。
歯周病治療が終われば定期健診のメンテナンスは年2回程度で十分です。
保険適応外の薬剤治療を勧める歯科医には注意が必要です。

インプラント

画期的な治療法とされるインプラント治療ですが注意が必要です。
チタンで出来たネジの形をした人口の歯をあごの骨に埋め込んで失われた歯の代わりにする治療法です。
失われた咀嚼機能を回復させる最新の治療法であり発展途上の技術です。
インプラントが骨と結合するには8週間ほどかかります。
インプラントの寿命は40年以上あるとされています。
ただ完璧なインプラントはほとんどないのが実情でも有ります。
特に注意が必要な事は感染に関するトラブルです。
インプラント治療を適切に行うには総合的で高度な治療技術が要求されます。
インプラント専門の歯科医院で相談すべきなのです。
見た目の美しさを作る審美歯科も注意が必要です。
歯並びをきれいにしたり、歯を白くしたり様々な治療が有ります。
保険外診療になります。
確かな知識を持ち信頼できる歯科医を選びましょう。


この記事をシェアする